連載
» 2016年06月28日 08時00分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:夏の風物詩を啜る

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 最近では「さくら前線」ならぬ「冷やし中華前線」が発表されるほど、日本の夏に欠かせない冷やし中華。ところが、いざ美味しい冷やし中華を食べようと思うと、夏季限定メニューのためか情報も少なく、どこで食べればよいのか迷ってしまうものです。「冷やし中華はじめました」の貼り紙を探して蒸し暑い東京の街をさまようことにならないよう、おすすめを紹介します。

冷やし中華発祥の店

 神保町の老舗中華料理店、「揚子江菜館」(http://bit.ly/1sxfEWu)は冷やし中華発祥の店として知られています。1年中食べられる「五色涼拌麺(ごもくひやしそば)」(1510円)は、高く盛られた麺の周りを具材で飾り富士山を表現したビジュアルがインパクト大。チャーシュー、きゅうり、タケノコ、糸寒天はそれぞれ山の春夏秋冬を表し、錦糸卵は山頂に積もる雪をイメージしています。

レトロな外観とルックス

 冷やし中華を食べるのにこれほどぴったりのロケーションはあるのだろうかというほどレトロな外観の「栄屋ミルクホール」は、「冷やし中華」(950円)のルックスもなかなかのレトロっぷり。どっさりと盛られた細麺には甘いたれがしっかりからみ、濃いめの味付けのチャーシューも食べごたえがあります。

ごまベースの濃厚なタレにたっぷりの野菜

 正統派冷やし中華ファンにはおすすめできないが、ぜひ紹介しておきたいのが、「千里眼」です。二郎インスパイア系のラーメン店らしく、「冷やし中華」(並盛り850円)も爽やかさ皆無だが、毎年これを食べられる夏を待ちわびるファンも多くいます。ごまベースの濃厚なタレにたっぷりの野菜が乗りボリュームもかなりあるので、食べきる自信がなければ、小盛りにしておきましょう。

 「東京、冷やし中華10選」の特集では、発祥の店で食べる王道の味から、冷やし中華の定義を改めたくなる変わり種まで、この夏食べたい10皿を紹介しています。冷やし中華を食べて、夏のはじまりを感じてみてはいかがでしょう。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えのもと、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

東京 | ラーメン | レトロ | 野菜 | おすすめ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆