連載
» 2016年10月11日 07時11分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:お気に入りのカフェを見つける

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 時代の移り変わりとともに、東京のカフェ文化は独自の進化を遂げてきました。今回は、星の数ほどある東京のカフェのなかから、サードウェーブのブームによって新たに生まれたコーヒー専門店、カフェの歴史に名を残す老舗、和風のカフェを紹介します。

102歳を迎えた店主は健在で焙煎作業や訪れる客に声をかけている

 1948年以来、銀座のコーヒー好きを魅了し続けてきた老舗「カフェ・ド・ランブル」。店を訪れれば、2016年に102歳を迎えた店主の関口一郎は健在で、焙煎作業や訪れる客に声をかけている姿を見かけることができるでしょう。メニューはブレンドコーヒーから30年物の単一豆のコーヒーまでさまざまで、ビンテージ豆のコーヒーはかなりの数が揃っています。

エチオピア、ケニアなどから輸入した高品質の豆を揃えている

 日本の喫茶店文化が息づく神保町に、2015年にオープンしたのは「Glitch Coffee & Roasters」。Paul Bassettのチーフバリスタ兼ヘッドロースターとして活躍していた鈴木清和がオーナーを務めており、エチオピア、ケニアなどから輸入した高品質の豆を数種類揃えています。好みの味を伝えれば、カウンターに並べられた豆から最適なものを丁寧に教えて貰えます。

歴史ある日本家屋を利用した建物

 自由が丘の駅から、徒歩5分程度にある「古桑庵」は、抹茶と甘味が楽しめる茶房兼ギャラリーです。歴史ある日本家屋を利用した建物のなかで、庭を眺めながらのんびりとした時間が過ごせます。休日は混み合っていることもあるので、平日に訪れることをおすすめしたい一軒です。

 このほか、「東京、ベストカフェ50」では、コーヒーや紅茶、フード類が美味しいことはもちろん、心地の良いひとときを過ごせるカフェを中心に紹介しています。東京でひいきのカフェを見つけてみてはいかがでしょう。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えのもと、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆