ニュース
» 2016年11月04日 10時28分 UPDATE

自動運転、法改正も検討 事故の賠償責任を整理 国交省有識者研究会 (1/2)

自動運転車が事故を起こした場合、損害賠償責任の所在がどうなるのかについて議論する有識者研究会の初会合が2日、国土交通省で開かれた。

[SankeiBiz]

 自動運転車が事故を起こした場合、損害賠償責任の所在がどうなるのかについて議論する有識者研究会の初会合が2日、国土交通省で開かれた。ドライバーがハンドルを握らない完全自動運転車では、賠償責任がメーカー側にも生じる可能性がある。国交省は早期に課題や解決策を整理することで、実用化に向けた技術開発を後押しする。

 藤井直樹自動車局長は初会合の冒頭で、「自動運転は社会問題を解決する有用な手段だが、実用化に向けて必要となる検討事項の一つが民事責任のあり方」とあいさつ。担当者が最近の自動運転技術の動向などについて説明した。

 国交省は今後、すでに自動運転に関する交通法規を議論している警察庁とも連携して今年度中に論点を整理。来年度以降、自動車損害賠償保障法(自賠法)改正も含めた検討を進める。

 交通死亡事故の9割以上はドライバーの法令違反が原因で、自賠法で人身事故は原則、車の所有者やドライバーが賠償責任を負うと規定している。だが完全自動運転車ではドライバーが運転に関与せず、車に搭載された人工知能(AI)が通信機能との連携で周囲の状況を判断してハンドルやブレーキなどを操作するため、これまでの法規制が当てはまらないケースが想定される。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆