ニュース
» 2016年11月08日 10時33分 UPDATE

トヨタ、環境技術全方位対応 20年までにEV本格参入 各社こぞって開発強化 (1/2)

トヨタ自動車が、2020年までに電気自動車へ本格参入し、量産を始める方向で検討していることが7日、分かった。

[SankeiBiz]

 トヨタ自動車が、2020年までに電気自動車(EV)へ本格参入し、量産を始める方向で検討していることが7日、分かった。これまでトヨタはハイブリッド車(HV)や燃料電池車(FCV)を環境対応車の中心に据えてきた。しかし世界的にEVを重視した規制が広がり開発競争の主戦場となりつつある中、出遅れはリスクにつながると判断し、EV含めたあらゆる環境技術に全方位で対応できるよう戦略を転換する。

 トヨタは、家庭の電源でも充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)を今冬に発売することを決めているが、EVに関しては2012〜14年に米国で発売して以降、具体的な戦略を示してこなかった。EVは、電池コストの高さや航続距離の短さから普及に時間がかかるとみていたたためで、HVCやFCVを環境技術の本命と位置付け資源を重点配分してきた。

 しかし、最近のEVはバッテリー性能の向上に伴い弱点の走行距離が伸び、コストも下落基調。しかも世界各国で、EVの普及を後押しする動きが急だ。

 米カリフォルニア州では、17年に発売される車両から新規制が導入され、一定割合でEVなどを売らなければならなくなる。中国やドイツではEVに多額の補助金が導入されているほか、充電設備の整備計画も欧州や日本などで広がりつつある。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆