ニュース
» 2016年11月16日 07時16分 UPDATE

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:「お前がやったんだろ! 吐け!」は幼稚園レベル――コミュニケーションの極意を検事に学ぶ (2/2)

[山下竜大,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 いかに本当のことを言わせるか、自ら話をさせるかが検事の腕の見せ所である。「最初は、大変だった」と大澤氏。自白には、3つのポイントがあるという。まず捕まって3日目が最初の自白のポイント。次に10日間の勾留の発布日、最後に勾留満期直前のときである。「しかしこのパン泥棒は、しゃべらなかった」(大澤氏)。

 指紋は残っているし、被害者に顔を見られているなど、客観的な証拠がそろっている。そこで、起訴状を部長に提出したところ、「"こんな事件の自白も取れないのか!"と怒鳴られ、"これから警察署に行って自白を取ってこい。俺の車に乗って行け。それと検察事務官を連れていけ"と言われた」と大澤氏は語る。

 一般的に検事には、検察事務官がつき、2人で取り調べを行う。しかし新人の検事には、4人に1人程度しか検察事務官はつかなかった。その時は、新人検事である自分に、部長が自ら警察署に連絡し、検察事務官と一緒に部長の車に乗って行けと言った意味が分からなかった。

 警察署につくと署長自らが出迎え、応接室に通された。その後、取調室に入った。言いたくないことは言わなくてもいい。ただし、話すのであれば、本当のことを話してほしい。残された証拠を見ると、どう考えても犯人は君しかいない。本当のことを言ってくれと語りかけた。

 すると被疑者が、「検事さん、私がやりました」と自白した。すぐに調書を作成したが、なぜ自白したか理解できなかった。そこで、なぜ自白したのかを聞いてみると、部屋に入ってきたときの検事さんの真剣な顔を見てウソはつけないと思ったと告白した。

 「私自身、本当に追い込まれ、真剣さが伝わったのだと思う。これは、非常に貴重な体験だった。自白をとるということを実感し、自信もついた。説明しにくいが、極意と呼ばれるものかもしれない。これを学ばせるために、部長はプレッシャーをかけてくれたのだと思っている」(大澤氏)。

 大澤氏は、「ラジオは、周波数を合わせないと番組を聞くことができない。取り調べも同じで、相手の周波数に合わせなければ、相手は聞こえない。周波数を合わせて相手の言葉を聞く姿勢を見せれば、聞いてないことも話してくれる。特別なことは言わなくても、同じ土俵に上がれば、口を割ってくれる。捜査手法はいろいろだが、徹底した捜査や情熱、真剣さがあれば、相手に伝わる。ビジネスのコミュニケーションも同じだ」と締めくくった。

前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選で1名さまに「Apple Watch Series 2」(アルミニウムケースとスポーツバンドまたはウーブンナイロンバンドから選択可)をプレゼント。この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆