ニュース
» 2016年11月21日 11時37分 UPDATE

建機改善兆しも残る疑心暗鬼 中国需要底打ち? 米新政権のかじ取りは…… (1/3)

長い不振にあえいできた建設機械メーカーの業績に、改善の兆しが見え始めている。

[SankeiBiz]
中国で稼働するコマツの油圧ショベル

 長い不振にあえいできた建設機械メーカーの業績に、改善の兆しが見え始めている。業績低迷の「元凶」となってきた中国の需要が底を打ちつつあるためだ。実際、直近の販売データなどは底打ちを裏付ける。もっとも、各社は過去に期待を裏切られた経緯もあり、慎重な見方を変えていない。しかも、ここにきて市場を攪乱(かくらん)しかねない新たな「リスク」が浮上。外国為替市場での円安傾向など明るい材料もあるが、まだまだ楽観はできない状況だ。

9月中間の売上高増

 「この(改善)トレンドがずっと続いていることは勇気づけられる」

 コマツの大橋徹二社長は、10月29日に行った2016年9月中間連結決算の説明会で、中国市場についてそう言及した。

 同社がその前日に発表した中間決算は、円高進行などで収益が低下し、売上高が前年同期比10.8%減の7961億円、最終利益が42.4%減の375億円と減収減益に終わった。中間期としては、3年連続の最終減益になる。

 ただ、明るい材料もある。主力の建設機械・車両事業は、中国売上高が前年同期の317億円から361億円に増えた。中国の油圧ショベル販売は、今年5月から6カ月連続で前年実績を上回り、直近の10月は108%増と2倍以上に増えた。

 中国市場の改善は、他のメーカーも肌で感じている。

       1|2|3 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選で1名さまに「Apple Watch Series 2」(アルミニウムケースとスポーツバンドまたはウーブンナイロンバンドから選択可)をプレゼント。この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆