ニュース
» 2016年11月22日 10時28分 UPDATE

健康志向高まり「ロカボ食」注目 食品メーカーやコンビニ、相次ぎ投入 (1/2)

適正な糖質量を摂取するためのメニュー「ロカボ食」への関心が高まっている。

[SankeiBiz]

低糖質商品

ロカボ食の開発に取り組む企業などが開催したメディア向け試食会=14日、東京都千代田区

 適正な糖質量を摂取するためのメニュー「ロカボ食」への関心が高まっている。学会では、低カロリー食より低糖質食の方がダイエット効果が高いとする試験結果や、血糖値や血圧、脂質の改善が評価されている。こうした動きを背景に、食品メーカーやコンビニエンスストアが低糖質商品を相次いで投入するほか、神戸市では街を挙げてロカボメニューの普及を目指すプロジェクトが始まった。

 ロカボ食は、通常は1食当たり90〜100グラムとされる糖質量を20グラム以上40グラム以下にするなどして、1日130グラム以内に抑える食事法。北里研究所病院糖尿病センターの山田悟センター長が提唱し、広まってきた。「満腹まで食べられて、痩せられ、血糖、脂質が改善する」(山田氏)といい、消費者の健康志向の高まりに注目する食品メーカーなどが市場開拓に乗り出した。

 モンテールは、シュークリームやエクレア、ロールケーキなどで低糖質の商品を販売。血糖値の上がりにくい甘味料の一つ、エリスリトールを採用したり、専用のカスタードを開発したりするなどして、通常商品と遜色ない味わいを目指した。同社は「市場ニーズはこれから伸びる」とみており、ロカボ食の普及に期待を寄せる。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選で1名さまに「Apple Watch Series 2」(アルミニウムケースとスポーツバンドまたはウーブンナイロンバンドから選択可)をプレゼント。この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆