ニュース
» 2016年11月25日 10時03分 UPDATE

携帯大手、17年はIoT元年 専用通信規格で各種サービス

携帯電話大手3社が、あらゆる機器をインターネットで接続する「モノのインターネット(IoT)」に本腰を入れ始めた。

[SankeiBiz]
ソフトバンクの実験では、車が地面に置いたモジュールの上に来ると、スマートフォンの画面に駐車したことが表示される=24日、千葉市美浜区

 携帯電話大手3社が、あらゆる機器をインターネットで接続する「モノのインターネット(IoT)」に本腰を入れ始めた。ソフトバンクは24日、来夏からIoT向け通信規格を使った駐車場監視など各種サービスを提供すると発表。NTTドコモやKDDIも来年からIoT向け通信規格を使ったサービスを展開する方針で、2017年は携帯電話大手にとって“IoT元年”となりそうだ。

 IoTが普及すると、センサーや家電など膨大な数の機器が常時ネットでつながる。

 IoT向けの通信規格は、1基地局当たり数万単位の機器とつながることや10年以上充電無しで作動する低消費電力が求められる。

 ソフトバンクは24日、こうした特徴を持つIoT向け通信規格の一つ「NB-IoT」に対応した機器を用いた「スマートパーキング」実験を行った。NB-IoTにつながる機器の上に車が止まると、車の持ち主のスマートフォンに駐車したという情報が表示される。

 ソフトバンクの北原秀文統括部長は「来夏からNB-IoTなど3種類のIoT通信規格の提供を始める」と述べた。3種類の通信規格は、LTEの既存基地局のソフトを更新するだけで提供できるという。

 ドコモは既存の基地局を使ったIoT通信規格の実験を進めており、来年度にサービス展開を予定している。

 KDDIは来年2月から、京セラの子会社が国内展開の権利を取得したIoT通信規格「シグフォックス」を使ったサービス提供を開始する。

関連キーワード

IoT | 通信規格 | ソフトバンク | KDDI | NTTドコモ | 省電力


Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選で1名さまに「Apple Watch Series 2」(アルミニウムケースとスポーツバンドまたはウーブンナイロンバンドから選択可)をプレゼント。この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆