ニュース
» 2016年11月29日 10時23分 UPDATE

富士通、AI利用アプリ「ディープス」を開発 好み学習し旅行プラン提示

富士通は28日、人工知能(AI)技術を利用して、最適な訪問スポットや旅行プランなどを提示してくれるお出かけアプリ「ディープス」を開発、12月中旬以降にスマートフォン向けに無償提供すると発表した。

[SankeiBiz]

 富士通は28日、人工知能(AI)技術を利用して、最適な訪問スポットや旅行プランなどを提示してくれるお出かけアプリ「ディープス」を開発、12月中旬以降にスマートフォン向けに無償提供すると発表した。

 富士通グループのベンチャー企業、ディープステクノロジーズ(東京都港区)が開発した。

 利用者がディープスに登録した店舗や観光スポット、書き込んだコメントなどをAIが分析し、関連情報を集める。似たような趣味の人の記録を参考にする。情報が蓄積されるほど、AIも「賢く」なる仕組みだ。

 ディープステクノロジーズは富士通出身の宮本章弘社長が65%、富士通システムズアプリケーション&サポート(仙台市)が35%出資して今年7月に設立した。

 宮本社長は会見で「金融や旅行のアプリは導入数が増えている。(深層学習機能は今後提供予定だが)まずは他にないサービスを知ってもらいたい」と述べ、早期の市場投入を決断。

 当初は米アップルのスマートフォン「アイフォーン」用だけだが、2017年中旬には米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」搭載機種も追加する。

 今後、順次機能強化や有料コンテンツを提供し、3年間で利用者100万人を目指す。

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選で1名さまに「Apple Watch Series 2」(アルミニウムケースとスポーツバンドまたはウーブンナイロンバンドから選択可)をプレゼント。この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆