ニュース
» 2017年01月05日 13時20分 UPDATE

CES2017で公開:トヨタ、AI活用した運転支援コンセプトカー「愛i」を発表

トヨタは「CES 2017」で、AIが運転手の感情や嗜好性を把握し、運転をサポートする技術を搭載したコンセプトカーを発表した。

[ITmedia]

 トヨタは1月5日、人工知能(AI)を搭載したコンセプトカー「TOYOTA Concept-愛i(コンセプト・アイ)」を家電見本市「CES 2017」(米ラスベガス、1月5〜8日)で発表した。 商品化に向け、今後数年以内に日本で公道実証実験を開始する予定。

photo TOYOTA Concept-愛iの外装

 感情や好みを認識する技術によってAIがドライバーの人間性を理解し、パートナーとして運転をサポートする機能を搭載。運転中の表情、動作、覚醒度、SNSの発信履歴などをもとに、ドライバーの人となりや体調を分析するという。

 分析結果をもとに、ドライバーの健康管理につなげる。具体的には、ドライバーの疲労時は、青色光の点灯、シートの傾斜の調整などによって交感神経を刺激し、覚醒状態へと導く。ドライバーの緊張時は、暖色系の光の点灯、芳香剤の噴霧などによって副交感神経を刺激し、緊張を緩和するという。

ALTALT TOYOTA Concept-愛iの内装

 また、ドライバーの好みに応じて、関心の高いニュースなどの話題をAI側から提案するなど、自動車と会話しながら運転できる機能を備えている。

 さらに、ドライバーの状況に応じて、手動運転と自動運転を切り替える機能も搭載。ドライバーのストレス状態を把握し、運転に不安を感じたドライバーには自動運転モードへの切り替えを提案するほか、路外逸脱など、ドライバーが危険な状況に陥った際は自動運転に切り替わり、自動で安全状態に導くという。

ALTALT
ALTALT

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆