ニュース
» 2017年01月06日 10時50分 UPDATE

ファストリ会長、消費行動の変化に対応「ECを成長エンジンに」 (1/2)

ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は5日、ECを成長エンジンの一つに位置付けると明らかにし、インターネット通販を強化する方針を示した。

[SankeiBiz]
インタビューに答えるファーストリテイリングの柳井正会長兼社長=5日、東京都港区

 ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は5日、EC(電子商取引)を成長エンジンの一つに位置付けると明らかにし、インターネット通販を強化する方針を示した。国内消費が低迷するなか、ネット通販市場は拡大を続けているためで、消費行動の変化に対応し業績をてこ入れする考えだ。

 同社は昨年10月、2020年の販売目標を5兆円から3兆円に下方修正した。柳井氏は「20年の現実的な目標に修正した」とした上で、「アナログからデジタルに仕事を変え、目標を達成する」と強調した。

 デジタル対応の一つがEC事業の拡充だ。経済産業省によると、15年の国内EC市場は前年比8%増の約13兆8000億円と、10年に比べると8割も拡大した。

 なかでも衣料品業界は、アマゾンジャパンや、衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するスタートトゥデイなどが台頭。柳井氏は「プライベートブランド(PB、自主企画)商品も展開し始めており、将来的にはアマゾンなどが大きなライバルになる」と、危機感を示した。

 ファーストリテイリングは15年8月期まで連結売上高で、二ケタ成長を続けてきたが、16年8月期は6%増に鈍化した。

 誤算は売上高が2.5%増にとどまった国内のユニクロ事業だ。柳井氏は「節約志向もあり、お客さまは必要のない商品を買わなくなっている」と分析した。さらに「(消費者は)価格に敏感になっている」とし、昨年2月に事実上値下げした価格体系については、当面は維持する考えを示した。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆