ニュース
» 2017年01月10日 10時50分 UPDATE

LED照明が多様化、競争過熱 音楽再生やスマホ着信通知で快適生活サポート (1/4)

国内外の電機・電子部品各社が人にやさしい家庭用LED照明商品を相次いで投入している。

[SankeiBiz]
ソニーのLED電球スピーカーは、スマートフォンの着信を指定の色を点滅させて知らせる(同社提供)

 国内外の電機・電子部品各社が人にやさしい家庭用LED(発光ダイオード)照明商品を相次いで投入している。従来は環境にやさしい省エネ性能が売りだったが、住人の起床から就寝まで生活のさまざまな場面に応じて色調を変え、生活をサポートするほか、音楽再生やスマートフォンの着信通知など多機能化も進む。主流の青色LEDよりも省エネ性能で劣り、「日陰者」だった紫色LEDも太陽光に限りなく近い光を再現できる特性が注目され、活躍の場を広げつつある。使い方や種類の多様化で競争が過熱しそうだ。

上手にコントロール

 「本来なら、夜は人間が寝ている時間。寝ていればいいのに、火を照明に使って、いろいろなことをするようになってから、文明が生まれたのではないか」

 照明世界最大手、フィリップス・ライティング(オランダ)の日本法人が昨年末に発表した「スマートLED照明」の新製品発表会。ゲストとして招かれた評論家の山田五郎さんは、そんな持論を展開した。

 照明があれば、夜でも読書や勉強、テレビや音楽の鑑賞、インターネットもできる。でも、明るければいいというものではない。まぶしい光は目を疲れさせる。生活の場面に応じて、照明を上手にコントロールするのは現代人に求められる「生活の知恵」の一つだろう。

 フィリップスの新製品「ヒュー ホワイトグラデーション」は、色調を選んで生活リズムを整えることができるのが特長だ。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆