ニュース
» 2017年01月11日 10時40分 UPDATE

羽田空港で最新ロボ実証実験 移動支援や旅客案内、20年に実用化へ (1/2)

国内の大手メーカーやベンチャー企業が開発した最新ロボットの技術検証を目的とした実証実験が2月13日まで、羽田空港国内線第2旅客ターミナルで開かれ、利用客の目を楽しませている。

[SankeiBiz]
羽田空港の実証実験に参加するロボットたち=東京都大田区

 国内の大手メーカーやベンチャー企業が開発した最新ロボットの技術検証を目的とした実証実験が2月13日まで、羽田空港国内線第2旅客ターミナル(東京都大田区)で開かれ、利用客の目を楽しませている。労働力人口の減少による人手不足対策の切り札として、各社とも実験結果を踏まえて東京五輪・パラリンピックが開催される2020年頃の実用化を目指す。

 実験は3期に分かれて行われ、10〜23日に実施される第2期には、空港施設内での高齢者や障害者らの利用を想定した移動支援ロボットが参加。ZMP(東京都文京区)、A.M.Yクリエイティブ(福島県いわき市)、匠(北九州市八幡西区)、本田技研工業、WHILL(ウィル、横浜市鶴見区)の5社が登場した。

 このうち、A.M.Yの「INMOTION(インモーション) R1EX」は1人乗りの電動車。体全体で重心を前後左右にかけながら走行や停止する。また、WHILLは電動車椅子「モデルA」に障害物を検知して自動で停止する機能を搭載した新機種を披露した。

 続く24日〜2月13日の第3期には、人工知能(AI)を搭載した旅客案内を務めるロボットが登場する。インディ・アソシエイツ(名古屋市中区)、ブルレー(東京都千代田区)、日立製作所、Nextremer(ネクストリーマー、東京都板橋区)、ソフトバンクロボティクス、SEQSENSE(シークセンス、川崎市多摩区)、綜合警備保障、シャープの8社のロボットが参加する予定だ。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選で1名さまに「Apple Watch Series 2」(アルミニウムケースとスポーツバンドまたはウーブンナイロンバンドから選択可)をプレゼント。この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆