連載
» 2017年01月17日 07時17分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:今年も映画漬けになる

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 2016年も映画好きには嬉しい1年となりましたが、2017年も注目作品が満載です。ここでは、タイムアウトロンドンにて掲載された『The 2017 movies we can't wait to see』という記事をベースに、タイムアウト東京が注目する作品を厳選して紹介します。

(C)2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.

 2017年1月21日(土)公開の「沈黙-サイレンス-」は、遠藤周作の原作小説『沈黙』を1998年に読んで以来、スコセッシが映画化を熱望してきた作品です。キリシタン弾圧が行われていた江戸初期の日本に渡ってきたポルトガル人宣教師(アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライバー)の目を通し、信仰の意義や文化の対立を描いた本作。窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也ら、日本人実力派キャストも多く出演しています。

(C)Bangkok Nites Partners 2016

 2017年2月25日(土)より公開される「バンコクナイツ」は、日本の地方都市の荒廃とした様子をリアルに描いた映画『サウダーヂ』の富田克也監督作品。バンコクの歓楽街で働くタイ人娼婦のラックとかつての恋人である元自衛隊員オザワが織り成すロードムービーでは、タイ北部の村の人々、ラオスの米軍による空爆の跡などそれぞれの国の現在についても生々しく映し出します。

(C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.

 押井守監督が1995年にアニメ映画化した『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』のハリウッド実写版である「ゴースト・イン・ザ・シェル」は、2017年4月7日(金)より公開されます。スカーレット・ヨハンソンを主人公にキャスティングしたことで「ホワイトウォッシング」と言われていますが、オリジナルアニメーションの目眩がするような壮大な計画や、ハイスピードなアクションに期待が高まります。北野武や桃井かおりなど、日本人キャストも登場します。

 このほか、『2017年に公開が待ちきれない映画20』では、邦画も加えながら20本の見逃せない作品たちを紹介しています。リストをチェックしながら、注目作の公開を楽しみに待ちましょう。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えのもと、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

映画 | アニメ | 実写 | 歓楽街 | 邦画


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選で1名さまに「Apple Watch Series 2」(アルミニウムケースとスポーツバンドまたはウーブンナイロンバンドから選択可)をプレゼント。この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆