ニュース
» 2017年01月26日 10時48分 UPDATE

「ユニクロ」商品開発迅速化 1年から2週間へ AI・ビッグデータを活用 (1/2)

ITを駆使し、顧客の要望に迅速に対応した商品供給態勢に切り替える。

[SankeiBiz]

 カジュアル衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングがサプライチェーン(供給網)を改革し、商品開発を従来の1年から2週間に短縮することが25日、分かった。ITを駆使し、顧客の要望に迅速に対応した商品供給態勢に切り替える。在庫管理の適正化も図る。商品開発のスピードは海外勢が先行しており、デジタル技術とモノづくりの融合を急ぎ、追い上げを図る。

 ファストリは2月上旬に東京・有明の物流センター内に有明本部を新設する。ユニクロの商品開発、マーケティング、販促などに携わる約1000人を新本部に集約し、サプライチェーン改革に乗り出す。

 詳細は2月に公表する予定だが、目指すのは「デジタルの力を使って、顧客の要望を聞き、早く商品を供給する情報小売り製造業だ」(ファストリの柳井正会長兼社長)。

 アパレル業界を取り巻く環境は激変している。スマートフォンの普及で情報量が増えたことで、顧客の価値観が多様化し、売れ筋の変化も速まっている。

 ユニクロを含めたアパレルメーカーの多くは、商品企画から販売まで1年程度かかるため、新商品が顧客の好みとズレが生じるのが大きな課題となっている。ファストリはサプライチェーンにインターネットで蓄積した情報「ビッグデータ」や人工知能(AI)などを取り込み、顧客のニーズをいち早く反映した商品開発や在庫管理を実現し無駄をなくす。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆