連載
» 2017年01月31日 07時00分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:空飛ぶケーキを贈る

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 2015年6月に日本初上陸を果たして以来、数々のユニークなスイーツで日本の多くのファンを魅了し続けているドミニクアンセルベーカリー。同ペイストリーショップの2号店、「DOMINIQUE ANSEL BAKERY JAPAN at GINZA」が2017年3月29日(水)、銀座三越の地下2階にオープンすることが先日発表されまし。ここでは、一足先に披露された2号店限定メニューを中心に紹介します。

フラワークッキー

 ドミニクアンセルベーカリーといえば、「クロナッツ」をはじめ、「フローズンスモア」や「クッキーショット」、さらには、おにぎり、焼きとうもろこし、おでんなどの日本の食材からインスパイアされて創ったというものまで、数々の斬新なスイーツで多くのファンの心を射止めてきました。定期的に発表される彼の新作には何度も衝撃を受けてきましたが、今回もそのユニークさは健在でした。

空飛ぶケーキ

 例えば、風船のなかにスポンジケーキを忍び込ませた「空飛ぶケーキ」。風船のなかに入っているスポンジケーキは重さが厳密に調整された非常に軽いケーキで、なんと手を離すと本当に風船ごと空に飛んで行ってしまうのだといいます。また、画鋲などでバルーンを割ってケーキを取り出すという体験型の商品となっているので、子どもから大人まで、このケーキを手にしたら思わず誰もが笑顔になってしまうことでしょう。

スクエア ウォーターメロン

 また、日本で四角い形のスイカを初めて見たときの衝撃を表現したという「スクエア ウォーターメロン」。シュールさのあるその姿はとても愛らしく、フォトジェニックな点でも発売以降高い人気を集めそうですね。中身は、スイカライムのジュレやピスタチオムース、ラズベリームースなどが層となっており、夏を先取りできるような爽やかな一品。持った感覚では、ずっしりと重さも感じられましたが、スイーツ自体はムースなので想像よりも軽い味わいでした。

 今回披露されたのは3種類でしたが、なんと2号店は、店に並ぶ商品の約半数を銀座三越店の限定商品が占めるというから驚きです。また、三越銀座は7、8年前にドミニク氏が日本で初めて足を運んだ思い出深い場所でもあるそうで、彼の思い出の地には一体どのような商品たちが並ぶのか、そんな楽しみも胸に抱きながら、2号店のオープンを心待ちにしたいですね。

 同店についての詳しい情報は、こちらの記事「ドミニクアンセルベーカリー、2号店を3月29日銀座にオープン」で紹介しています。ドミニクアンセルベーカリーは、ぜひチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えのもと、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

ケーキ | 銀座 | おやつ/お菓子 | イベント


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選で1名さまに「Apple Watch Series 2」(アルミニウムケースとスポーツバンドまたはウーブンナイロンバンドから選択可)をプレゼント。この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆