ニュース
» 2017年02月03日 10時38分 UPDATE

トヨタ社長が実績訴え「米国で米国のための車を造っている」 きょう首相とトランプ政策対応協議

トヨタ自動車の豊田章男社長は2日、トランプ米大統領が日米の自動車貿易を不公平と批判していることについて「非常に多くの米国生産をしているし、サプライチェーンも育て上げてきた」と述べ、米経済への貢献をアピールした。

[SankeiBiz]
トヨタ自動車のモータースポーツ活動計画の発表会で、取材に応じる豊田章男社長=2日午後、東京都江東区

 トヨタ自動車の豊田章男社長は2日、トランプ米大統領が日米の自動車貿易を不公平と批判していることについて「非常に多くの米国生産をしているし、サプライチェーン(部品供給網)も育て上げてきた」と述べ、米経済への貢献をアピールした。都内で開いたモータースポーツ活動の発表会後に記者団の取材に応じた。豊田社長は3日に安倍晋三首相と会談し、対応を協議する予定。

 豊田社長は、1980年代に日本車の輸出急増で起きた貿易摩擦が再燃する懸念に対し、「当時と状況が大きく違う」と指摘。トヨタの2016年の米国生産は138万2000台と輸出(66万1000台)の2倍超に上っており、「ブランドは日本だが、米国メーカーの一つと理解してほしい」と話した。

 トランプ氏が表明した北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉で、トヨタはメキシコ工場から米国への輸出に関税がかかる恐れがある。豊田社長は「ルールが変わる場合は、合わせた形で企業努力を重ねる」と動向を注視する姿勢を改めて示した。

 10日の日米首脳会談に先立って行われる安倍首相との協議では、「米国で米国のための車を造っている。われわれの基本的な思いを訴えたい」と強調。「政治と企業が強みを補完できるようになるといい」と述べ、対応に一枚岩で当たる考えだ。

 トヨタがメキシコで進める新工場の建設に対し、トランプ氏は米国からの雇用流出を懸念して「米国につくるか、高い関税を払え」と批判。これを受け、豊田社長は先月9日、今後5年間で米国に100億ドル(約1兆1000億円)を投資する計画を発表していた。

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選で1名さまに「Apple Watch Series 2」(アルミニウムケースとスポーツバンドまたはウーブンナイロンバンドから選択可)をプレゼント。この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆