ニュース
» 2017年02月06日 10時54分 UPDATE

ホークス球団、チケット代をAIで値決め 主催66試合で各100席に試験導入 (1/2)

プロ野球の福岡ソフトバンクホークスが、ヤフオクドームで主催する公式戦全66試合で、ヤフーの人工知能を使ってチケットの一部を価格変動制で販売する。

[SankeiBiz]
盛り上がるソフトバンクホークスの応援席。今シーズンは、需給に応じた変動価格制を本格導入する(矢島康弘撮影)

 プロ野球の福岡ソフトバンクホークスが、ヤフオクドームで主催する公式戦全66試合で、ヤフーの人工知能(AI)を使ってチケットの一部を価格変動制で販売することが5日、分かった。天候や対戦チームなどに応じてAIが座席単位で価格を上下させる。対戦チームや日程により席種単位で価格を変える手法は他チームも導入しているが、ホームでの公式戦全試合を対象に座席単位で変動制を導入するのはプロ野球で初めて。

 ホークスの変動制は、AIが相手チームの順位、先発投手などを総合的に判断して算出した価格をもとに、座席ごとに1日1回、価格を変動させる。ヤフーのチケットサイトで、スマートフォンで入退場を確認する「電子チケット」として各試合100枚を販売する方向で調整している。「鷹の祭典」など人気の試合は100枚以上販売することも検討する。

 昨年は年間で約3500枚を販売し、定価9000円の席を9900円で販売したのが最大の変動幅だった。昨年は試験導入だったため変動幅を10%までに抑えたが、今年は変動幅をさらに広げて柔軟に販売する。「グラウンド側の入手しづらい席も入手できた」などの評価が多く、クレームはなかったという。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選で1名さまに「Apple Watch Series 2」(アルミニウムケースとスポーツバンドまたはウーブンナイロンバンドから選択可)をプレゼント。この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆