ニュース
» 2017年02月08日 10時38分 UPDATE

音楽館と日本信号、鉄道ホームドア共同開発 4割軽量化、設置コスト半減 (2/3)

[SankeiBiz]

 開閉時に鳴らす警報音の代わりに、メロディーを流すことで扉の状況を目の不自由な人にも認知しやくするといった工夫も施した。

 ただ試作品のままでは国土交通省の指針に合致しないため、左右4本ずつのパイプを4本と5本の組み合わせに変え、最上部と最下部のパイプ内にアルミを詰めた。またホームドア自体の大きさも一回り大きくすることで、指針をクリアした。

 従来の鉄扉型ホームドアはドア1枚で重さ約400キロだが、日本信号による試作機は約240キロと40%軽くした。

補強工事が不要

 またホームドア設置には、ホームの補強工事が必要となる場合が少なくない。そのため設置費用がかさみ、ホームドア普及のネックとなっているが、このホームドアでは補強工事の必要がないという。

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆