連載
» 2017年02月09日 07時09分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:なぜ人は逆に考えるべきなのか?――ビジネスで大成功する秘訣 (2/2)

[小川仁志,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 拙著『成功する人はみな《逆》に考える』(ぱる出版)でも紹介しましたが、F・エマーソン・アンドリュース著『さかさ町』という本があります。主人公の子どもたちが、何もかもが逆さになっている町に迷い込んでしまうというストーリーです。建物も逆さま、文字も逆さま、極め付きは人々の考えることまで逆さま。

 いったい何を訴えている本なのかというと、物事を逆さに考えることで、意外にいいことがあるということです。例えば、病院を楽しい場所にする。苦い薬ではなく、おいしい薬を出したりして。そうするとみんなが行きたがりますよね。この発想はビジネスにもそのまま生かせます。きっとこんな楽しい病院をつくった人が大成功しているのでしょう。

 最近この発想で一番成功した有名人は、ドナルド・トランプではないでしょうか。誰もがゲッと思うようなことを言う。嫌われることを平気で言う。まさかアメリカの大統領ともあろう人がが言うはずのないことを言う。それをあえてやったから、受けたのです。この意外性がカギを握っています。

 こんなふうに、逆に考えることで成功するのは間違いないのですが、逆の思考にはもう1つ大きなメリットがあります。それは、そもそも毎日が楽しくなるということです。道を歩きながら「もしあれが逆さまだったら」とか「もしあの人と逆だったら」なんて考えるだけでわくわくしてくるものです。ぜひ試しにやってみてください。

 逆に考えるということは、世の中の見え方が変わるということです。それはもう別の世界に旅するようなものなのです。つまり、自分の住んでいる町が「さかさ町」になるのです。世の中には天才とか奇才と呼ばれる人がいます。そこまでいかなくても、あの人は視点が違うとか、鋭いなんて言われる人がいますよね。そういう人は実は物事を逆に考えているだけなのです。ですから、誰だってそんなふうになれるわけです。

 しかもこの方法はいたって簡単です。ただ物事を逆に考えればいいだけなのですから。どうしてもできないという人は、まず否定することから始めてみてはいかがでしょう。「〜ではない」と言ってみるのです。仮にそんなふうには思っていなくても。あとは勇気だけです。目の前にあるパソコンに向かって、「これはパソコンではない」と叫ぶのです。

 叫びましたか? いいですねぇ。パソコンなのにパソコンじゃない。ではいったいなんでしょうか? どうしても考えちゃいますよね。それでいいのです。そんなふうに考え始めることが大事なのですから。勇気を出してパソコンの存在を否定することができた皆さん、逆さまの世界へようこそ!

著者プロフィール:小川仁志(おがわひとし)

1970年、京都府生まれ。哲学者・山口大学国際総合科学部准教授。京都大学法学部卒、名古屋市立大学大学院博士後期課程修了。博士(人間文化)。徳山工業高等専門学校准教授、米プリンストン大学客員研究員等を経て現職。商店街で「哲学カフェ」を主宰するなど、市民のための哲学を実践している。専門は公共哲学・政治哲学。著書に『7日間で突然頭がよくなる本』(PHP研究所)、『仕事が変わる哲学の教室』(KADOKAWA)、『「まいっか」というだけで幸せになる』(自由国民社)、『成功する人はみんな《逆》に考える』(ぱる出版)等多数。


前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆