連載
» 2017年02月14日 07時14分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:コーヒーは豆から選ぶ

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 2015年末に建物の老朽化で惜しまれつつも閉店したOmotesando Koffee。2017年1月27日に、再び同じ場所でショップをオープンしました。新しいショップは「Koffee Mameya」、コーヒー豆の専門店です。

豆の専門店をオープン

 Omotesando Koffeeと同じこの場所で、なぜ今度はドリンクではなく豆の専門店をオープンすることに決めたのか、オーナーの國友さんに話を聞きました。「Omotesando Koffeeは建物の老朽化で閉店しましたが、同じ場所でまたお店をオープンできることになりました。今まではお店に来てもらってバリスタとして美味しいドリンクを出すのが仕事でしたが、次は家で飲むコーヒーの質を上げるためにバリスタとして何ができるかと考えているんです」

最もこだわっているのが、ロースター

 コーヒー豆は常時15〜20種類ほどで、すべて150グラムで販売します。価格はそれぞれ1200円〜4000円ほど。コーヒー豆に関して最もこだわっているのが、ロースターです。国内外にあるそれぞれ違った個性をもつ5つのロースターの豆を扱い、名古屋のボンタインコーヒーや京都の小川珈琲、福岡の豆香洞コーヒーのほか、オーストラリアのメルボルンと香港からも1社ずつ選んだそうです。

 國友さんは「自分で焙煎をすることはしません。焙煎はプロであるロースターがやったほうがいい。あくまでもバリスタとして何ができるかを考えて、私たちはロースターとお客様をつなぐことを目指したいんです。ロースターがいい豆を生産地に赴いて探しているように、バリスタとしてはよいロースターを世界中から探したい。そして、コーヒー豆を一番美味しい状態のドリンクにするプロであるバリスタは、どんな豆がその人の好きな味を出せるのか、どういう淹れ方をするのがよいのかをお客様に伝えるのが仕事だと思っています」と話してくれました。

 「Omotesando Koffeeが、コーヒー豆専門店のKoffee Mameyaをオープン」の記事では、さらにお店の様子を紹介しています。家で淹れるコーヒーにもさらにこだわってみてはいかがでしょうか?

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えのもと、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

コーヒー


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選で1名さまに「Apple Watch Series 2」(アルミニウムケースとスポーツバンドまたはウーブンナイロンバンドから選択可)をプレゼント。この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆