ニュース
» 2017年02月15日 10時45分 UPDATE

世界初 トヨタ、HV車販売1000万台突破 プリウス投入20年での大台達成

トヨタ自動車は14日、エンジンとモーターを併用するハイブリッド車の世界累計販売台数が1月末までに約1004万9000台となり、1000万台を突破したと発表した。

[SankeiBiz]

 トヨタ自動車は14日、エンジンとモーターを併用するハイブリッド車(HV)の世界累計販売台数が1月末までに約1004万9000台となり、1000万台を突破したと発表した。1997年12月に初代「プリウス」を発売して以来、約20年での大台達成となった。世界の自動車メーカーで、累計1000万台のHVを売ったのは初めてで、改めてHVに強いトヨタを印象づけた。

 トヨタは、97年8月にマイクロバス「コースター」にHV電気自動車(EV)を設定し国内投入。同年12月に世界初の量産HV乗用車としてプリウスを発売した。以降はHV搭載車種を順次拡大。現在は、セダン「カムリ」や小型車「カローラ」など30以上のモデルにHVシステムが採用され、世界90以上の国・地域で販売されている。

 モーターを併用するHVは電気による走行も可能なため燃費に優れているのが特徴。トヨタの試算では、これまで販売されたHVによりガソリンエンジン車に比べガソリン消費量が約2900万キロリットル抑制されたという。初代プリウスの開発を担当した内山田竹志会長は声明で「HVは、今では『普通のクルマ』になるまで普及できた」と述べた。

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選で1名さまに「Apple Watch Series 2」(アルミニウムケースとスポーツバンドまたはウーブンナイロンバンドから選択可)をプレゼント。この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆