ニュース
» 2017年02月17日 10時43分 UPDATE

ローソン、ファミマ 商社と連携強化で巻き返し 距離を置くセブン (1/2)

コンビニエンスストア大手が商社との連携を強めている。

[SankeiBiz]
記者会見後、握手する三菱商事の京谷裕常務執行役員(左)とローソンの竹増貞信社長=16日午後、東京都港区

 コンビニエンスストア大手が商社との連携を強めている。三菱商事の子会社になったローソンの竹増貞信社長は16日会見し、「三菱商事の調達力や物流網を活用し、競争力を高める」と強調した。ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)も伊藤忠商事の高柳浩二副社長が3月に社長に就任。大株主である商社の経営資源を活用し、国内首位セブン−イレブン・ジャパンに対抗する。

 国内3位のローソンは株式公開買い付け(TOB)により、15日付で三菱商事の出資比率が33.4%から50.1%に上がった。16日の会見で三菱商事の京谷裕常務執行役員は「商事の経営資源を全面的に活用してほしい」と語った。すでに両社は提携関係にあったが、原材料調達や商品開発、海外展開などで一段と連携を深める方針だ。

 国内2位のファミリーマートを傘下に置くユニー・ファミマHDも、伊藤忠が34.5%を出資。3月に社長に就任する高柳氏は「原料調達などで協力しメリットを出す」と伊藤忠との提携を強化する構えだ。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選で1名さまに「Apple Watch Series 2」(アルミニウムケースとスポーツバンドまたはウーブンナイロンバンドから選択可)をプレゼント。この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆