ニュース
» 2017年02月28日 10時40分 UPDATE

リクシル、簡易トイレを途上国に寄付 経済成長にらみブランド浸透へ

住宅設備・機器大手のLIXILは27日、プラスチック製簡易便器「SATO(サト)」をアジア、アフリカの発展途上国へ寄付するキャンペーンを行うと発表した。

[SankeiBiz]
LIXILの途上国向け簡易便器「SATO」を紹介する瀬戸欣哉社長(右)=27日、東京都千代田区

 住宅設備・機器大手のLIXIL(リクシル)は27日、プラスチック製簡易便器「SATO(サト)」をアジア、アフリカの発展途上国へ寄付するキャンペーンを行うと発表した。またインド、ケニアの企業と提携し、現地での生産・販売も始める。短期的な利益は見込みにくいが、将来の経済成長をにらんでブランドの浸透を図りたいという。

 キャンペーン期間は今年4〜9月。国連機関やNGOと協力し、日本での一体型シャワートイレ1台の販売につきサト1台を寄付する。

 サトは「Safe Toilet」を略した商品名。おもり付きの簡易弁で便槽への穴をふさぎ、悪臭やハエが上がってくるのを防ぐ構造で、0.2〜0.5リットルと少量の水で便を流せる。原価5ドル(約560円)前後で、これまで14カ国に110万台を寄付、販売した。

 活動は、2011年にメーカー5社の統合で発足した同社の社員1万5000人を団結させるのも狙いだ。瀬戸欣哉社長は「世界の衛生環境改善への貢献を通じ、会社への誇りと愛着につなげられれば」と発表会見で述べた。

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆