ニュース
» 2017年03月01日 10時20分 UPDATE

日産、自動運転で「一気通貫」 異業種提携を加速 仏大手と配車サービス開発合意 (1/2)

日産自動車が、自動運転技術の強化に向け提携戦略を活発化している。

[SankeiBiz]

 日産自動車が、自動運転技術の強化に向け提携戦略を活発化している。28日には、欧州の公共交通サービス大手トランスデブ(フランス)と、運転手がいない「完全自動運転車」を活用した配車サービスを共同開発することで合意したと発表した。日産は足りない知見を異業種との提携により補完。自動運転車の開発から配車サービスまでを“一気通貫”で提供できる体制を整え、競争を優位に進める考えだ。

 今回の共同開発は、日産と資本業務提携関係にあるフランス自動車大手のルノーとともに行う。第1段階として、ルノーの電気自動車(EV)を使ったパリでの自動運転の実証実験や運行管理の検証を行い、知見を蓄積。最終的には自動運転車を利用者が乗車予約したり運行側が遠隔監視できたりするシステムの開発につなげるという。

 日産が自動運転で異業種との連携を急ぐのは、それぞれが得意とする知見を持ち寄ることで開発期間の短縮やコスト削減につなげ、熾烈(しれつ)な自動運転の開発競争をリードしたい思惑がある。

 とりわけ自動運転の技術開発で鍵を握るソフトウエアでは、自前主義にこだわらず提携戦略を加速する。米航空宇宙局(NASA)とは完全自動運転車の事故を遠隔操作で防ぐ技術の開発に取り組む。NASAが持つ無人で走る惑星探査車の技術を応用する。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆