ニュース
» 2017年03月02日 10時25分 UPDATE

ソムリエ、リハビリ…… ソフトバンク「ペッパー」、AIソフト連携で活躍広げる (1/2)

ソフトバンクのロボット「ペッパー」が、AIベンチャーによるソフトウエアを組み込むことで活躍の場を広げている。

[SankeiBiz]

ソムリエ、リハビリ……

カラフル・ボードの人工知能アプリを組み込み「日本酒ソムリエ」として活躍したソフトバンクのロボット「ペッパー」=東京都新宿区の伊勢丹新宿本店

 ソフトバンクのロボット「ペッパー」が、AI(人工知能)ベンチャーによるソフトウエアを組み込むことで活躍の場を広げている。大企業とベンチャー、さらにはハードウエア(機器)とAIソフトとの連携は、日本発の新たな事業創造の可能性を開くものといえそうだ。

 「オイシイワインヲ、ゴショウカイシマス」−。ペッパーがワインのソムリエとして、おすすめの1品を提案するサービスが8〜14日、東京都新宿区の伊勢丹新宿本店で開かれる。

 ITベンチャーのカラフル・ボード(東京都渋谷区)が開発したAIアプリ「SENSY(センシー)」をこのロボットに搭載した。来店客が3種類のワインを試飲し、それぞれのワインに対して味や香りなどを5段階で評価する。これにより来店客の好みを学習し、5分ほどで用意された約20種類のワインから、最適なものを選んでくれる。

 2月15〜20日には、ペッパーが日本酒ソムリエとして活躍した。売り場の責任者である河西直人さんは「デジタルでは贈り物に必要な人間の思いや気持ちを察することがまだできないので、ロボットと人間の二人三脚ならより良い接客ができそう」と話した。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆