ニュース
» 2017年03月03日 10時36分 UPDATE

シャープ出身者を積極採用 炊飯器の“新米メーカー”狙う下克上 (1/3)

炊飯器市場が新たな“戦国時代”に突入している。

[SankeiBiz]
バルミューダの炊飯器「バルミューダザ・ゴハン」

 炊飯器市場が新たな“戦国時代”に突入している。象印マホービンやタイガー魔法瓶、パナソニックなど大手メーカーがしのぎを削る中、各地から“新米”のメーカーが続々と参入。シャープ出身の技術者を積極採用した生活用品製造卸のアイリスオーヤマ(仙台市)のほか、老舗鋳造メーカーの愛知ドビー(名古屋市)、家電ベンチャーのバルミューダ(東京都武蔵野市)もそれぞれ持ち味を生かし、「おいしいご飯」を追求したユニークな商品を開発している。果たして下克上を起こせるか。

シャープ出身者採用

 ビジネスパーソンや買い物客が行き交う大阪・心斎橋の目抜き通りに建つ「アイリス心斎橋ビル」。ここが、アイリスオーヤマが2005年に参入した家電事業の開発の中枢を担う大阪R&Dセンターの拠点だ。経営再建中のシャープの技術者を積極的に採用し、熱風オーブンや花粉空気洗浄機などの製品を世に送り出しているが、15年11月から炊飯器も販売している。

 アイリスの本拠地の東北は言わずとしれた「米どころ」。13年9月には精米事業に参入している。そこで蓄積したコメについての膨大なノウハウが強力な武器となっている。

 「すべての人においしいご飯を届けたい」を基本コンセプトに、高級釜を使わなくても、銘柄ごとの硬さやサイズなどの特徴に応じ、最適な火力調整で炊き分ける高度な技術を開発した。

       1|2|3 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆