ニュース
» 2017年03月06日 10時23分 UPDATE

寺岡精工、初のクラウド型決済端末 1台でマルチ 店舗負担減

電子はかりや店舗情報管理システムの寺岡精工は、米国の決済端末メーカーのベリフォンと共同開発した業界初のクラウド型決済端末「P400」を発売した。

[SankeiBiz]
1台で多様な決済に対応するクラウド型端末「P400」

 電子はかりや店舗情報管理システムの寺岡精工(東京都大田区)は、米国の決済端末メーカーのベリフォン(米カリフォルニア州)と共同開発した業界初のクラウド型決済端末「P400」を発売した。端末の投入により、利用店舗の利便性と安全性が高まる点をアピールし、初年度1500社、3000店舗への導入を目指す。

 初期導入費用は4万7304円から。ほかに各種カードブランドの月額基本料金と、注文を処理するたびに定率で発生する費用が課金される。

 1台の端末でフェリカなどの各種電子マネー、IC付きクレジットカード、磁気カードなどあらゆる決済方法に対応。POS(販売時点情報管理)とも接続、同社のクラウド型マルチ決済サービスと連携して決済データ処理業務まで、一気に行える。

 利用店舗は業務負担を大幅に軽減できる。セキュリティーに関しては、クレジットカードの国際ブランド5社が策定した基準に準拠し、信頼性の高い運営環境を整えた。

 小売店や飲食店など流通業で支払い方法が多様化していることや、訪日外国人観光客(インバウンド)消費拡大、クレジットカードのIC化などに対応した。またクレジットカードのセキュリティー対策を義務づけた改正割賦販売法が2018年6月までに施行されることも、開発の背景となっている。

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆