ニュース
» 2017年03月10日 10時11分 UPDATE

「セブンプレミアム」に生鮮食品投入 19年度売上高1.5兆円に

セブン&アイ・ホールディングスは9日、プライベートブランド「セブンプレミアム」の売上高を2019年度に1兆5000億円に引き上げると発表した。

[SankeiBiz]
セブン&アイ・ホールディングスは10周年を迎えるプライベートブランド「セブンプレミアム」を生鮮食品でも展開する=9日、東京都千代田

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)は9日、プライベートブランド(PB、自主企画)「セブンプレミアム」の売上高を2019年度に1兆5000億円に引き上げると発表した。16年度は1兆1500億円の見通し。商品数も3650品目(16年度見通し)から19年度には4200品目に拡大する。年間10億円以上の商品も現在の192品目から19年度末までに300品目に広げる。

 セブン&アイは同日、東京都内で発売10周年を迎えるセブンプレミアムの戦略説明会を開催した。井阪隆一社長は、「10周年を機にブランドの定義、商品の中身、デザインを見直し、全面刷新したい」と語った。

 新規施策として、「野菜・果物」「精肉・卵」「鮮魚」の生鮮3品の「セブンプレミアム フレッシュ」をイトーヨーカドーやヨークマートなどで展開する。販売好調なPBを生鮮食品にも拡大して不振の総合スーパーやスーパーに投入し、テコ入れを図る。井阪社長は「イトーヨーカドーの売上高の65%は生鮮3品で新たなPBを投入し、今まで使ったことのない顧客を開拓したい」と期待を寄せた。19年度に500億円の売上高を目指す。

 セブンプレミアムは07年5月から展開し、16年2月には年間売上高1兆円を突破している。

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆