ニュース
» 2017年03月14日 10時28分 UPDATE

三越伊勢丹HD新経営陣“周回遅れ”の改革 不採算店舗の整理、リストラ敢行 (2/2)

[SankeiBiz]
前のページへ 1|2       

 そもそも三越伊勢丹HDがリストラを迫られているのは、百貨店事業に過度に依存した経営体質だからだ。同社の連結売上高に占める百貨店事業の構成比率は2016年3月期で92.2%。ライバルのJ.フロントリテイリングの65.5%(16年2月期)などと比べ高く、その分、訪日外国人による“爆買い”鈍化の影響をもろに受けた。

 J.フロントは衣料品店「ユニクロ」など専門店を大胆に誘致し、高島屋も不動産事業に力を入れる。これに対し、三越伊勢丹HDは自前の売り場づくりにこだわるあまり、“脱百貨店依存”から取り残された。杉江氏は不動産事業やインターネット通販の強化を打ち出したが、遅きに失した感は否めない。

 経営戦略本部長として大西氏を補佐してきた杉江氏は、構造改革の方針について「これまでと方向性は変わらない」と説明した。だが、一連の人事をめぐる混乱で構造改革案の策定は、当初計画の3月末から5月に遅れた。改革実行も遅れるのであれば、三越伊勢丹HDが失うものはあまりにも大きい。(大柳聡庸)

前のページへ 1|2       

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆