ニュース
» 2017年03月14日 10時28分 UPDATE

三越伊勢丹HD新経営陣“周回遅れ”の改革 不採算店舗の整理、リストラ敢行 (2/2)

[SankeiBiz]
前のページへ 1|2       

 そもそも三越伊勢丹HDがリストラを迫られているのは、百貨店事業に過度に依存した経営体質だからだ。同社の連結売上高に占める百貨店事業の構成比率は2016年3月期で92.2%。ライバルのJ.フロントリテイリングの65.5%(16年2月期)などと比べ高く、その分、訪日外国人による“爆買い”鈍化の影響をもろに受けた。

 J.フロントは衣料品店「ユニクロ」など専門店を大胆に誘致し、高島屋も不動産事業に力を入れる。これに対し、三越伊勢丹HDは自前の売り場づくりにこだわるあまり、“脱百貨店依存”から取り残された。杉江氏は不動産事業やインターネット通販の強化を打ち出したが、遅きに失した感は否めない。

 経営戦略本部長として大西氏を補佐してきた杉江氏は、構造改革の方針について「これまでと方向性は変わらない」と説明した。だが、一連の人事をめぐる混乱で構造改革案の策定は、当初計画の3月末から5月に遅れた。改革実行も遅れるのであれば、三越伊勢丹HDが失うものはあまりにも大きい。(大柳聡庸)

前のページへ 1|2       

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆