ニュース
» 2017年03月15日 10時55分 UPDATE

KDDI、ECサイト出店料1年間無料に アマゾンは生鮮品販売

KDDIは14日、同社のモール型電子商取引(EC)サイト「Wowma!(ワウマ)」への出店料を1年間無料にするキャンペーンを6月30日から始めると発表した。

[SankeiBiz]

 KDDIは14日、同社のモール型電子商取引(EC)サイト「Wowma!(ワウマ)」への出店料を1年間無料にするキャンペーンを6月30日から始めると発表した。ヤフーも2013年から出店料を無料にしたことで、1年で8倍、3年で国内EC事業者で出店数1位を達成しており、KDDIも同様の施策で楽天など競合を追う。先行する各社も、アマゾンが月内にも生鮮食品を販売する「アマゾンフレッシュ」を発表するとみられるなど競争が激化している。

 ワウマの0円キャンペーンは、6月30日から18年3月末までに申し込んだ出店者が、申し込みから1年間出店料を無料にする。既存の出店者も3月15日から6月29日までに申し込めば申し込みから1年間出店料が無料になる。無料期間経過後は、毎月の出店料が現在の10分の1以下の4800円になる新出店プランを提供する。

 ワウマはKDDIがDeNAのショッピングモール事業を引き継いで設立したKDDIコマースフォワードが1月に始めたECサイト。

 ファッションやグルメなどが人気だが、利用者からは「まだまだ商品が全体的に足りない」という声が届いていたことから無料化を決めた。

 同社の八津川博史社長は、出店料無料化などで「19年までの3年間で現在約3000の出店者数を4倍に伸ばしたい」と話した。今後は、auショップでのワウマの商品の販売などグループのメリットを生かしていく考えだ。

 一方、先行する他社は約48万店(16年末)のヤフーを筆頭に、アマゾンが約18万店(15年6月末)、楽天も約4万5000店(16年末)と、豊富な出店数と商品数で競争を展開する。今春にも生鮮食品を販売するアマゾンのほか、ヤフーはソフトバンクやワイモバイルの携帯電話契約者向けにポイントを最大で10倍にする割引キャンペーンを展開する。

関連キーワード

KDDI | ヤフー(Yahoo!JAPAN) | ECサイト | 楽天


Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆