ニュース
» 2017年03月16日 10時52分 UPDATE

浜野製作所、「ガレージスミダ」の機能拡張 ものづくりベンチャー支援の場

3Dプリンターなど最新のものづくり設備を整備し、長年培った金属加工の技術を生かして、アイデアはあるものの、ものづくり技術を持たないベンチャー企業を支援する。

[SankeiBiz]
建て替え前の「ガレージスミダ」と浜野製作所の浜野慶一社長=東京都墨田区

 金属加工の浜野製作所(東京都墨田区)は、同社が運営するものづくりベンチャー支援施設「ガレージスミダ」の機能拡張に乗り出す。3D(3次元)プリンターなど最新のものづくり設備を整備し、長年培った金属加工の技術を生かして、アイデアはあるものの、ものづくり技術を持たないベンチャー企業を支援する。

 投資額は用地代を除いて2億5000万円。15日に着工し、平屋建ての建物を3階建てに建て替える。延べ床面積は建て替え前の約9倍の約800平方メートルに広がる。

 新しい建物の1階は工場、2階は企業支援スペース、3階は事務所を配置。工場には3Dプリンターのほか、レーザーカッターなど最新のものづくり関連装置を置く。企業支援スペースには、ベンチャー企業経営者が利用できる8室の個室と多目的室を設ける。多目的室では30〜40人が収容できるセミナーができるようにする。

 ガレージスミダは2014年3月に開設。風力発電機を開発するベンチャー企業、チャレナジーなど6社がガレージスミダを本社登記している。また、コミュニケーションロボットを開発するオリィ研究所(東京都三鷹市)、電動車いすを開発するWHILL(ウィル、米カリフォルニア州)などが試作機開発で、ガレージスミダを活用している。最近は、海外からもガレージスミダを製作拠点として活用したいとの要望が増えており、施設拡張を決めた。

 浜野慶一社長は「ものづくりの企業に限らず、デザイナーや金融機関などの支援者、中学生や高校生など、さまざまなバックグラウンドを持つ人が集まり、新たなイノベーション(革新)が起こせるような場所にしたい」と話している。

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆