ニュース
» 2017年04月21日 10時22分 UPDATE

三井不動産、日本橋にベンチャー拠点移設 大企業と連携の産業創出支援

三井不動産は起業家などの活動拠点「31VENTURES Clipニホンバシ」を移転、東京・日本橋に開設した。

[SankeiBiz]
起業家などの活動拠点「31VENTURES Clipニホンバシ」。交流が活発に行われるよう、ワークスペースを広げた=東京都中央区

 三井不動産は起業家などの活動拠点「31VENTURES(サンイチベンチャーズ) Clipニホンバシ」を移転、東京・日本橋に開設した。

 セミナースペースの収容人数を既存施設に比べて100人と2倍に増し、ワークスペースの数を5割増の90席へと拡張した。これによって「ベンチャーと大企業との連携をより強化し、新たな産業創出を支援したい」(菅原晶・ベンチャー共創事業部長)としている。

 同社ではサンイチベンチャーズという名称でベンチャーとの共創事業に取り組んでおり、コミュニティー、資金、支援の3本柱を掲げて展開している。

 具体的には共用ワーキングスペースから専有オフィスに至るまで、企業規模に応じた拠点を関東の6カ所で提供。また、独立系ベンチャーキャピタル最大手のグローバル・ブレイン(東京都渋谷区)と共同で、事業会社が自己資金によって投資活動を行う「CVCファンド」を立ち上げている。施設の拡充を契機に、今後は提供プログラムを拡充。その一環として6月から、知的財産権事業を行う「IP Bridge」(東京都千代田区)と共同で、優れた技術を持つ中小企業の海外展開を支援する。

 大手不動産各社はベンチャーへの支援策を強化している。若い企業を呼び込み、街の活性化を図るとともに、企業が成長し大口テナントになってもらうのが狙いで、都心部のエリア間競争は厳しさを増している。

 こうした中、日本橋にベンチャーが拠点を持つ意義について菅原部長は「単なるオフィス街ではなく、多彩な人々が集まるため広い視野を持つことができ、結果的に企業の発展につながる」と説明している。

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆