ニュース
» 2017年05月12日 10時41分 UPDATE

「俺もシャープのファン」 トランプ氏に食い込む鴻海総帥と孫氏の野望 (1/4)

保護主義に傾くトランプ米大統領が「シャープのファン」と公言し、話題を集めている。

[SankeiBiz]
決算説明会で質問に答えるソフトバンクグループの孫正義社長=10日、東京都中央区(菊本和人撮影)

 保護主義に傾くトランプ米大統領が「シャープのファン」と公言し、話題を集めている。浮かび上がるのは、同社を買収し、米本格進出を目指す台湾の精密大手、鴻海(ホンハイ)精密工業を率いる郭台銘会長の深謀と、盟友の孫正義ソフトバンクグループ社長の壮大な野望だ。

 4月下旬。シャープの戴正呉社長は米ワシントンを訪れた。戴氏はホワイトハウスのスタッフと対米投資について協議し、トランプ大統領とも会談した。

 戴氏によれば、トランプ氏は、自らがシャープのファンであると明かしたうえで、「シャープの製品には大きな期待を持っている」とまで持ち上げたという。

 「アメリカ・ファースト」を掲げ、米企業に肩入れした政策を掲げるトランプ氏だが、どうやら身の回りにはそうしたこだわりがないらしいことはだいぶ知られてきた。セキュリティーチームがすすめるスマートフォンを使わず、韓国サムスン電子製の「ギャラクシーS3」を愛用していることは有名だ。とはいえ、彼がシャープ製品を愛用しているといった発言が伝えられたことはない。

 では、トランプ氏の戴氏への発言は単なるリップサービスかといえば、そうでもないようだ。シャープと、同社に戴氏を送り込んだ鴻海は、米国で液晶パネル工場の建設を検討している。戴氏は工場を誘致する6つの州の知事らとも面会したとしている。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆