ニュース
» 2017年05月12日 10時41分 UPDATE

「俺もシャープのファン」 トランプ氏に食い込む鴻海総帥と孫氏の野望 (3/4)

[SankeiBiz]

 孫氏は「われわれが主役ではなく、鴻海が中心になって検討することだ」として、実際に出資するかは明言しなかった。だが、東芝半導体メモリーの入札では、米投資ファンドと産業革新機構などが手を組む日米連合が有力候補と取り沙汰されるなか、IT関係者は「郭氏と孫氏がタッグを組めば流れが変わる可能性がある」と指摘する。

 その翌日、シャープ首脳が、半導体メモリーの買収交渉が成立した場合は米国で半導体工場を建設する計画があると一部で報じられたことも、憶測に輪を掛けることになった。

 ソフトバンクは昨年9月、英半導体開発大手アーム(ARM)・ホールディングスを3.3兆円で買収。日本企業による過去最大のM&A(企業の合併・買収)だ。孫氏は、モノのインターネット(インターネット・オブ・シングス=IoT)社会の到来をにらみ、IoT向けチップを生産するアームを通じて半導体業界を制することが、ソフトバンクグループの成長に欠かせないとみる。

 ソフトバンクの決算説明会では、孫氏のもう一つの爆弾発言にメディアや業界関係者が色めき立った。買収した米携帯電話大手スプリントを絡めた業界再編について、「さまざまな可能性を積極的に検討する」とした上で、スプリントの合併相手に「本命は(同業の)TモバイルUSだ」と言い切ったのだ。

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆