ニュース
» 2017年05月19日 10時46分 UPDATE

王子HD、水処理事業参入 カドミウム除去する水処理装置開発

製紙で培った処理技術を生かし、産業排水などに含まれる有害物質のカドミウムを効率的に除去する装置をこのほど開発。

[SankeiBiz]
王子HDが開発した水処理装置

 製紙最大手の王子ホールディングス(HD)は18日、水処理事業に参入すると発表した。製紙で培った処理技術を生かし、産業排水などに含まれる有害物質のカドミウムを効率的に除去する装置をこのほど開発、企業や自治体向けに売り込みを始めた。今後5年間で40カ所に納め、売上高で年間数十億円規模の事業に育てる。

 開発した水処理装置は、カドミウムを薬品によって固形の粒子に変えた後、独自の濾過(ろか)膜で除去する仕組み。薬品の処方に独自ノウハウを活用したほか、特殊な濾過膜を採用した。一般的な水処理で使う濾過槽や沈殿槽が不要で、従来の3分の1の費用で4倍以上の処理が可能なほか、設置面積も抑えられるという。

 日本では2014年12月に水質汚濁防止法が一部改正され、カドミウムの排出規制が強化されたばかり。このため、排水処理装置のニーズも高まりつつある。

 一方、東南アジアでは経済成長を背景に工業用水の需要が増加している。同社では今後5年間で国内20カ所に加え、タイやベトナムを中心とする東南アジアでも20カ所に納めたい考え。国内の紙需要が減少するなか、収益源の多様化を図る。

関連キーワード

アジア | 参入 | 有害物質


Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆