ニュース
» 2017年05月24日 10時32分 UPDATE

旭硝子、車載ディスプレー用で世界初 曲面カバーガラス量産開始

旭硝子は23日、曲面形状をした車載ディスプレー用のカバーガラスを世界で初めて量産開始したと発表した。

[SankeiBiz]
旭硝子が量産する曲面カバーガラスの使用イメージ

 旭硝子は23日、曲面形状をした車載ディスプレー用のカバーガラスを世界で初めて量産開始したと発表した。試験生産ラインのある京浜工場(横浜市鶴見区)に、新たな量産用のラインを導入、4月に本格生産を始めた。さらに生産能力が3.5〜4倍ある2本目の量産ラインを追加し、2018年前半に稼働させることも決定した。

 旭硝子が量産するカバーガラスは、車載ディスプレーの表面保護に使う。化学処理で強度を高めたほか、コーティングによって指紋がつきにくくしたり、光の反射を抑えて視認性を高めたりしてある。同社は平面形状のカバーガラスを生産する子会社、AGCディスプレイグラス米沢(山形県米沢市)を2016年4月に増強したばかり。今後は高級車を中心に、よりデザイン性の高い曲面ガラスのニーズも高まると予想、平面と曲面の双方で需要を取り込む。

 自動車では、従来型のカーナビに加えて、走行情報などを車載ディスプレーに表示する車種が増加。米電気自動車(EV)メーカー、テスラの主力セダン「モデルS」に17型のディスプレーが搭載されるなど、画面の大型化も進んでいる。旭硝子では、スマートフォンの画面を保護するガラスで培ったノウハウを生かしつつ、いち早く量産体制を整えることで、米コーニングなどのライバルを引き離したい考えだ。

 旭硝子は、25年のあるべき姿を描いた長期経営戦略の中で、モビリティーをエレクトロニクス、ライフサイエンスと並ぶ「戦略事業」と位置づけている。

関連キーワード

旭硝子 | 車載 | 自動車 | デザイン | ディスプレイ


Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆