ニュース
» 2017年05月25日 10時52分 UPDATE

三菱電機、AIブランド「Maisart」 複数音声の分離・再生技術を披露

AIの音声認識や学習能力の高度化、産業ロボットや車載機器への搭載などを進める。

[SankeiBiz]
三菱電機が開発したAI技術は、1本のマイクで同時録音した複数人の音声を分離、再生できる=24日、東京都千代田区

 三菱電機は24日、人工知能(AI)の技術ブランド「Maisart(マイサート)」を立ち上げたと発表した。

 AIの音声認識や学習能力の高度化、産業ロボットや車載機器への搭載などを進める。電機、IT業界でAIの技術開発や人材獲得の競争が激化する中、独自ブランドで存在感を発揮し、成長が見込めるAI市場の開拓を狙う。

 この日は、報道陣向けにAIや自動運転、すべてのモノをネットにつなぐ「IoT」などの研究開発成果の披露会を開催。AIを活用して、マイク1本で同時録音した複数人の音声を分離し、再生する技術を公開した。

 2人で90%以上、3人では80%以上の原音再現率を達成。異なる性別や言語でも音声を分離することができ、同時に10人の話を聞き分けたとも伝えられる聖徳太子を連想させる音声認識力をアピールした。将来的には、カーナビゲーション、家電、エレベーターなどの音声認識技術に応用させたい考えだ。

 このほか、人間がサポートをしなくても、センサーから得た情報から従来比約50分の1の短時間で自ら学習し、さまざまな機器を制御できるAI技術も披露された。

 三菱電機は2017年度にAI、自動運転、IoTなど研究開発費全体で過去最高となる2120億円を投じる計画だ。

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆