ニュース
» 2017年05月30日 13時21分 UPDATE

グーグルAI、日本語対応開始 LINEは今夏 各社、アマゾンに先行 (1/2)

米グーグル日本法人は29日、話しかけるだけでスマートフォンアプリの操作などができる会話型人工知能「グーグルアシスタント」の日本語対応を始めた。

[SankeiBiz]
グーグルアシスタントの利用中の画面。話しかけたり入力すると天気予報を教えてくれたり、メッセージを送ってくれたりする

 米グーグルの日本法人は29日、話しかけるだけでスマートフォンアプリの操作などができる会話型人工知能(AI)「グーグルアシスタント」の日本語対応を始めた。当初はグーグルのアンドロイドのスマホで利用できるが、年内発売予定のAIスピーカー「グーグルホーム」にも搭載される。AIスピーカーは、LINEも今夏の発売を発表。米国で圧倒的シェアを持つアマゾン・ドット・コムの国内発売を前に、先行する動きが活発化している。

 グーグルアシスタントは、アンドロイドのバージョン「6.0」と「7.0」搭載のスマホに自動的に導入される。「頼りになる上司は?」など雑談にも対応し、より自然な会話になるよう学習して性能を高めるという。

 グーグルは今後、スピーカーのほか自動車や家電などさまざまな機器にグーグルアシスタントを導入することを検討している。グーグル日本法人の徳生裕人製品開発本部長は「アシスタントはまだ完璧ではないが大きな第一歩。グーグル以外との連携や成長を見ていただきたい」と意気込んだ。

 国内企業の会話型AIをめぐっては、NTTドコモが2012年からスマホに「しゃべってコンシェル」を導入しており、搭載スピーカーも開発中だ。ソフトバンクとヤフーも、ショッピングサイトで商品購入ができる機器を開発している。LINEは親会社の韓国IT大手ネイバーと開発したAI「クローバ」を搭載したスピーカー「ウェーブ」を今夏に発売する。各社は音声入力するAI搭載機器の開発を「スマホの次」の主要事業とみて、力を入れている。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆