連載
» 2017年06月01日 04時30分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:AI時代でも、輝くビジネスパーソンでいるために (1/2)

自分の頭で考え新しい価値を生み出す人はいつまでも輝き、機械にリプレイスされることはない。そのために必殺技「フレームワーク」の登場だ。

[永田豊志,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」バックナンバーへ。


『マンガで身につく フレームワークの使い方がわかる本』

 かつて「総中流層」と言われた日本ですが、現在では富裕層と貧困層の格差が広がっています。ビジネスの世界においても、独自の知識やノウハウを持つビジネスはもうかり、お決まりのルールにしたがって行う、いわゆるルーティン業務の仕事は、人工知能や機械に置き換えられるのではないか、と言われています。これを眉唾な話と一笑に付することは簡単ですが、人工知能(AI)に近いところで仕事をしている筆者の見解では、残念ながら、そうした未来はもうそこまで迫っています。

 しかし、自分の頭で考え新しい価値を生み出す人は、決して機械にリプレイスされることはありません。そうした人は、いつまでも輝き、仕事が楽しく、充実した人生を歩むことができるでしょう。誰もがそうなりたいと願っているはずです。そこで、必殺技の「フレームワーク」の登場です。

 フレームワークは、思考の枠組み、考え方のテンプレートです。テンプレートですから、誰でも同じように使うことができます。しかも無料です。以前は、マッキンゼー・アンド・カンパニーやボストン・コンサルティング・グループのような高給取りの一流コンサルタントが、企業の提案書で利用する小難しい経営分析ツールというイメージがありました。しかし、最近では「仕事のデキる一流ビジネスパーソンの秘密道具」として多くの人が注目するようになりました。

知っているけど、使えないフレームワーク。なぜ?

 私は過去にフレームワークの本を何点か執筆したこともあり、活用のワークショップも行っています。すると、参加者から、「内容は理解できたが、いつ、どのように使えばよいのかわからない」という質問がよくあります。

 フレームワークは、たくさん覚えればよいというものではありません。また、暗記すればよいというものでもありません。皆さんの仕事の現場で、シチュエーションや目的に合わせて、適切なフレームワークを選び、実際に活用してみることが何より大事です。そこで、私としては人生初となるマンガの中でフレームワークを使ってみようと思い、近著『マンガで身につくフレームワークの使い方がわかる本 生産性が劇的に高まる最強の仕事術』(タイトル長すぎ!すいません)を執筆したというわけです。

 フレームワークは、その使うタイミング、目的が大事です。マンガは、そのシチュエーションを理解する手助けになることでしょう。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆