連載
» 2017年06月06日 07時06分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:熱波に癒やされる

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 昨今のサウナブームにあっては、ロウリュとアウフグースを何となく知っているという人も少なくないでしょう。どちらもサウナ浴の一環で行われるものなのですが、前者はフィンランド、後者はドイツと、それぞれに由来が異なります。ロウリュは、サウナストーブの中のサウナストーンに水をかけて蒸気を発生させ、体感温度を上げる行為のこと。対してアウフグースは、ロウリュで発生した蒸気を専門スタッフ(日本では熱波師と呼ばれる)が入浴者に向けてあおぎ、熱い空気を直接浴びせる、一種のイベントです。とにかく大量の汗をかくことができるロウリュ&アウフグースは、サウナ好きにとっては最高の楽しみであり、ビギナーにとってもサウナの醍醐味(だいごみ)を知るきっかけとなるでしょう。ここでは、特にアウフグースに注目して、実施している施設を紹介します。

熱過ぎず比較的マイルド

 まず紹介するのは、としまえんの敷地内にある温泉施設「バーデと天然温泉 豊島園 庭の湯」。こちらは、熱過ぎない、比較的マイルドなアウフグースなので、女性の方も気持ちよく楽しむことができるでしょう。水着を着用して利用するバーデゾーンの屋外では、庭園の自然の中でくつろぐことができるので熱波で火照った体を休めるのにも最適です。

外気浴スペースが充実

 次は、都内のスパ施設の代名詞「スパ ラクーア」。男女でそれぞれ内容の違うサウナが3種類用意されており、ロウリュは中高温サウナのヴィルデンシュタイン(男湯)と、オリーブ(女湯)で行われます。ロウリュウ専門のスタッフが熱波を浴びせてくれ、設定は80度〜90度。しかし、体感ではそれ以上に感じるので、熱すぎるのが苦手な人は、下の方の段に座ることをお勧めします。露天風呂ゾーン、そしてランデブーデッキ(屋外の休憩所)など、外気浴スペースが充実している点もうれしいところです。

じっくりと熱波をあおいでくれる

 最後は、新宿ゴールデン街近く、新宿の癒やしスポットとして定着した「新宿天然温泉 テルマー湯」を紹介しましょう。新宿とは思えない静かで広い空間と、中伊豆「神代の湯」から毎日運搬している天然温泉で人気の施設です。ロウリュ(アウフグース)は、岩盤浴などがある4階のヒーリングテラゾーン内の専用ルームで行われます。室内は設定温度こそ約60度と低めですが、じっくりと熱波をあおいでくれるので、たっぷりと汗をかくことができます。水曜日はプロ熱波師の大森熱狼が終日担当しており、プロならではの技を体験できるのも魅力です。

 そのほかの詳しい情報は「東京、ロウリュ&アウフグース10選」で紹介しています。都内の熱波スポットで思いっきり汗をかき、すっきりしてみてはいかがでしょう。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えのもと、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

サウナ | 癒やし | 温泉 | 風呂


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆