ニュース
» 2017年06月08日 10時39分 UPDATE

UR都市機構、AIとIoTで省エネ実証実験 エアコン遠隔操作

気象情報や室内データの分析結果を生かしてエアコンの省エネ運転を遠隔操作する。

[SankeiBiz]
東京都板橋区の高島平にあるUR都市機構の賃貸住宅。同機構は集合住宅の省エネ化に力を入れる

 気象情報や室内データの分析結果を生かしてエアコンの省エネ運転を遠隔操作する――。独立行政法人、UR都市機構(横浜市中区)は7日、供給する賃貸住宅でそんな実験を10月に始めると発表した。人工知能(AI)とIoT(モノのインターネット)の両技術を取り入れたことが特徴で、インターネットイニシアティブ(IIJ)や日本気象協会、中部電力などの協力を得て実施。2019年までの実用化を目指す。集合住宅の環境対策に一石を投じる試みとして注目される。

 実験は、1都3県と愛知県の計約100戸で実施。1年かけて運転状況を検証する。

 具体的には、各住宅にあるエアコンのプラグを、室内の温度や湿度、消費電力量を測定する装置に差し込む。そこで得られた各データを、IIJがインターネット上で管理するサーバに集める。この収集データと日本気象協会の気象データを、民間シンクタンクの環境エネルギー総合研究所(東京都中央区)がAIで分析し、エアコンに指令を出すという流れだ。

 分析には、エアコン運転の前日に出る1日分の気温と湿度の予測データを活用。翌日正午に30度以上に暑くなる場合、消費電力を節約するために、涼しい午前9時に室温27度の設定で運転を始めるよう予約できる。同研究所は「温度が高い状態で急に動かすと電力消費が増える問題を避けられる」とし、新技術を使わないケースとの比較で電気料金を約15%削減できるという。

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆