ニュース
» 2017年06月09日 10時48分 UPDATE

日産、自動運転「プロパイロット」を新型エクストレイルに搭載 セレナに続き2車種目

日産自動車は8日、高速道路の同一線内を自動運転する「プロパイロット」機能を搭載したスポーツ用多目的車(SUV)「エクストレイル」を発売した。

[SankeiBiz]
自動運転機能を搭載した日産自動車のSUV「エクストレイル」を披露する星野朝子専務執行役員(左)と俳優の渡部豪太さん=8日、横浜市

 日産自動車は8日、高速道路の同一線内を自動運転する「プロパイロット」機能を搭載したスポーツ用多目的車(SUV)「エクストレイル」を発売した。価格は219万7800円〜。プロパイロットの搭載は昨年8月に改良したミニバン「セレナ」に続き2車種目となる。今夏以降に改良を予定する電気自動車(EV)「リーフ」にも搭載する方針で、自動運転の普及を加速させる。

 プロパイロットはアクセル、ブレーキ、ステアリングを自動的に制御。ハンドルのボタンを押して起動すると、アクセルを踏まなくても、設定した車速(時速約30〜100キロ)を上限に先行車との距離を保ちながら運転し、ハンドルを操作しなくても車線内の中央を走行し続けることができる。

 このほか、リヤバンパーの下に足先を入れて引くだけでバックドアのロック解除や開閉ができる「リモコンオートバックドア」機能を搭載。ステアリングの自動操作による駐車支援システムの性能も高めた。

 発表会には、スケボーが趣味で、サーフィンにも挑戦したいという俳優の渡部豪太さんが登場。「行き先で遊んで疲れ果てても、帰りの運転をアシストしてくれるので、心強い」と笑顔を見せた。

関連キーワード

自動走行車 | 日産自動車 | SUV | 電気自動車


Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆