連載
» 2017年06月13日 07時13分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:夏は祭り三昧する

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 梅雨が明け夏本番を迎えると、いよいよ各地で恒例の夏祭りが開催されます。七夕まつりや、朝顔市、盆踊り、サンバなど、さまざまな祭りに足を運べる楽しい季節ですね。ここでは、この夏行くべき東京の夏祭りを厳選して紹介します。

色とりどりの七夕飾り

 まず紹介するのは浅草寺と上野を結ぶかっぱ橋本通りで開催される、毎年恒例の「下町七夕まつり」。色とりどりの七夕飾りやササ飾りが、かっぱ橋の道具街を横切る約1.2キロの道を美しく彩ります。ライトアップされると、上空からは天の川のように見えるそうなので、ぜひスカイツリーから確認したいですね。土、日曜日の2日間は歩行者天国となり、パフォーマンスやイベントも催されます。

高知の熱を感じる

 高知の熱を感じられる、首都圏最大級の「原宿表参道元氣祭スーパーよさこい」も見逃せません。明治神宮の奉納祭りとして、原宿表参道エリアで行われます。期間中は、よさこいの本場である高知県をはじめ、全国から約100チームが参加。明治神宮の鳥居前にある特設ステージを中心に複数の会場でよさこい鳴子踊りを披露します。チームごとに趣向を凝らした衣装をまとい、大音響で刻まれる鳴子のリズムに合わせて舞う踊り子たちは躍動感たっぷりです。

本場バリ島の舞踊家が来日

 最後は、阿佐ヶ谷神明宮境内で毎年開催されているインドネシア、バリ島の祭典「阿佐ヶ谷バリ舞踊祭」を紹介します。期間中は、本場バリ島の舞踊家が来日し、国内有数の踊り手、演奏者と共にパフォーマンスを披露。インドネシアの料理やドリンクを販売する屋台もあるので、境内はまさにバリ島の祭りさながらの雰囲気です。厳かな能楽殿を舞台に繰り広げられる、エキゾチックな魅力とエネルギーに満ちた奉納イベントに駆けつけたいですね。

 その他の詳しい情報は「東京、夏祭り2017」で紹介しています。祭りを機に、今まで訪れたことのない場所に出掛けるというのもまた一興。東京の夏を思う存分満喫しましょう。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えのもと、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

祭り | 東京 | 七夕 | ダンス | イベント


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆