ニュース
» 2017年06月19日 10時38分 UPDATE

スバル、高速同一車線で自動運転 2車種に搭載 価格上昇は数万円に抑える (1/2)

国内で販売、または販売予定の自動車をめぐり、自動運転機能の搭載が増えている。

[SankeiBiz]
時速60キロ以下でも前方車両との車間を自動で保つ機能を搭載するSUBARUの「レヴォーグ」(同社提供)

 国内で販売、または販売予定の自動車をめぐり、自動運転機能の搭載が増えている。高速道路の同一車線走行時に機能を作動させると、運転手がハンドルやアクセル、ブレーキを操作しなくても前方車両との車間を保ったり、カーブを走行したりできる。高速道路の運転時の疲れを減らせる最新技術の特徴を売り込んで、拡販につなげる狙いがある。

 SUBARU(スバル)は、夏ごろに一部改良するワゴン「レヴォーグ」とスポーツセダン「WRX S4」に、カメラが前方車両と車線を認識し、高速道路の同一車線でハンドル操作や加減速を自動的にできる機能を搭載する。独自の運転支援システム「アイサイト」の機能を高め、従来はできなかった時速60キロ以下でも前方車両との車間を保ったり、カーブを走行したりできるようにした。価格は従来に比べ数万円程度の上昇にとどめるという。

 スバルは、自動化技術の研究開発を加速させるため、約30億円を投じて北海道にある車両試験場を改修。2020年には、高速道路での車線変更が可能な自動運転技術の確立を目指す。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆