ニュース
» 2017年06月20日 10時51分 UPDATE

欧州次世代ロケット部品 東レが炭素繊維を長期供給

東レは19日、ロケット部品を製造するイタリアのAVIO(アヴィオ)SpAと、炭素繊維の原糸を長期供給する契約を結んだ、と発表した。

[SankeiBiz]
東レの炭素繊維が使われる次世代ロケット「ヴェガC」(左)と「アリアン6」(イメージ図)

 東レは19日、ロケット部品を製造するイタリアのAVIO(アヴィオ)SpAと、炭素繊維の原糸を長期供給する契約を結んだ、と発表した。欧州アリアンスペースが開発中の次世代ロケット「アリアン6」や「ヴェガC」向けに、固体燃料を入れるタンク(モーターケース)の素材として最長2027年まで供給する。契約額は明らかにしていないが、数十億円規模とみられる。

 東レによると、炭素繊維は鉄の4分の1の軽さしかないにもかかわらず、強度が10倍あるのが特徴。これまでゴルフクラブのシャフトなどに採用されてきたが、最近は自動車やロケットを含む航空機に採用が広がっている。

 東レは炭素繊維関連事業を中期的な収益拡大を牽引(けんいん)する「戦略的拡大事業」と位置づけており、新規用途の開拓やグローバル展開を急いでいる。

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆