ニュース
» 2017年06月26日 10時29分 UPDATE

ドコモ、AI音声入力で来春サービス 「食べログ」カカクコムらと連携

製品やサービスは来春に提供を始め、パートナー企業を2020年に100社程度まで増やす考えだ。

[SankeiBiz]
NTTドコモのAI活用基盤を使ったデモ。画面に映ったキャラクターと会話しながら最適な商品を選び、購入する=23日、東京都港区

 NTTドコモは23日、音声で入力する人工知能(AI)活用基盤の仕様をパートナー企業に公開し、他社の機器やサービスで使ってもらう方針を発表した。自社開発のAIスピーカーを投入するLINE(ライン)などとは異なる戦略を取る。製品やサービスは来春に提供を始め、パートナー企業を2020年に100社程度まで増やす考えだ。

 この日の会見では、パートナー企業に内定したインテル、高島屋、カカクコムの幹部が出席。具体的な製品やサービスの内容は今後検討するが、飲食店情報サイト「食べログ」を運営するカカクコムの村上敦浩取締役は、「スマートフォンに『今から焼き肉が食べたい』と語りかけ、お店を探すことなどが考えられる」と話した。

 荷物が配達される時間に帰宅が間に合わないとAIが判断すると、配達時間の変更をするかどうか聞いてきたり、テレビに案内役のキャラクターが表示されたり、会話するかたちで商品を注文することなども想定されるという。

 ドコモのAIは、会話しながら利用者の情報を得たり、日常のデータから行動を先読みしたりする技術があり、個々の利用者に合わせたサービスを提供できるという。

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆