ニュース
» 2017年06月27日 11時56分 UPDATE

鹿島、シンガポールで複合開発 総事業費1000億円超、アジア最大規模

鹿島建設は、シンガポール・ビダダリにある約2.5ヘクタールの国有地の借地権を約900億円で落札し、来年にも住宅と商業施設の複合開発事業に乗り出す。

[SankeiBiz]
住宅と商業施設を中心とした複合開発事業のイメージ

 鹿島は26日、シンガポール・ビダダリにある約2.5ヘクタールの国有地の借地権を約900億円で落札し、来年にも住宅と商業施設の複合開発事業に乗り出すと発表した。建設費を含む総事業費は1000億円を上回る見通し。同社としてはアジア最大規模の不動産開発案件となる。同社は、傘下の現地法人、カジマ・デベロップメント(KD、シンガポール)を通じてアジアの不動産開発事業を加速している。今回の開発事業は、KDと現地の新聞・出版大手、シンガポール・プレス・ホールディングスの企業連合が進める。施工業者を含む計画の詳細は今後詰める。

 ビダダリは同国中心部のドビー・ゴート駅から、北東に約5キロの位置にある自然に恵まれた新興住宅地。そこに、600戸を超える分譲住宅や延べ床面積約2万7000平方メートルのショッピングモールのほか、交流施設や警察署などを建てる。

 鹿島グループは、インドネシアやタイなどでも進行中の案件を含め複合開発を進めてきた実績をもち、アジアでの開発案件は今回で6例目。今後とも「シンガポールや香港などで積極的に不動産の開発事業を進めたい」(広報)考えだ。

関連キーワード

シンガポール | 住宅 | 不動産 | 商業施設


Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆