連載
» 2017年07月04日 07時04分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:レコ屋ジャーニーに出かける

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 東京は、世界でも有数の巨大なレコードコレクションを抱えた街であり、渋谷や下北沢といったレコードショップ密集地帯だけでなく、各所に優れた店が点在しています。ここでは、アナログビギナーにこそ足を運んでほしいさまざまなジャンルのレコードショップを紹介します。

12インチシングル盤の専門店

 まずは、渋谷に店を構える「NEXT RECORDS」。同店は、ヒップホップ、R&B、ディスコ、ダンスクラシックスを中心にした12インチシングル盤の専門店です。決して広くない店内ながら、盤質にもこだわった定番的なレギュラー盤からレアタイトルが約1万枚並んでいます。ブートレッグ(海賊盤)やアンオフィシャルの再発盤などは取り扱わず、並んでいるのはオリジナル盤のみ。12インチ盤に偏執的なこだわりを持つ店主は、月に1度はヨーロッパやアメリカに行き買い付けを行っています。

クラシックを除くオールジャンルを扱う

 次は東陽町の中古レコードショップ、「ダウンタウンレコード」を紹介しましょう。クラシックを除くオールジャンルを扱い、地元の音楽ファンに愛されている同店。棚のジャンル分けに店の個性が表れており、「Moog Sound」など、ニッチなセレクトがユニークです。開放的な雰囲気の店内では、ソファーに座ってコーヒーを飲みながら試聴をすることもできます。

良盤が安く手に入る

 最後は、音楽好きなら一度は暖簾(のれん)をくぐりたい「フラッシュ・ディスク・ランチ」。良盤が安く手に入るとあって、DJやミュージシャンからも信頼が厚い一軒です。ソウル、ファンク、ジャズを中心に、ロックやヒップホップなどもそろえています。気さくな人柄の店主に教えを請うのも良いでしょう。レコード3枚が2000円で手に入るコーナーは必見です。

 その他の詳しい情報は『東京で行くべきレコードショップ』で紹介しています。インターネット上の音楽配信サービスでも素晴らしい発見はもちろんありますが、アルゴリズムが導く出会いには現実のようなダイナミックさはまだ足りないようです。店頭で音楽を探す楽しみをぜひ体験してみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

音楽 | 癒し | 面白い | 芸術 | アーティスト | 音楽配信


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆