ニュース
» 2017年07月05日 11時05分 UPDATE

特色ある体験ギフトの先駆者 ソウ・エクスペリエンス、200種類のメニュー (2/2)

[SankeiBiz]
前のページへ 1|2       

 商品開発では、単なるクーポン券のようなものではなく、コンテンツを重視する。具体的にはパラグライダーやダイビング、乗馬、ゴルフのレッスンといったスポーツ系から音楽などの習い事、酒蔵の見学や古民家の宿泊に至るまで、200種類の体験と5500を超えるコースによって構成。潤沢なメニューが急成長の要因の1つだ。

 とくに人気が高いのは、クルージングやレストランでの食事など、2人で楽しめる「FOR2シリーズ」。結婚祝いや両親への贈り物として活用されている。また、パッケージのデザインにも力を入れており、贈られた瞬間から体験するまでの流れを重視している。

 一般的なギフト市場の平均予算は5000円以下といわれているが、同社の場合は1万円を超える。また「贈られた人が数人の仲間を呼んで、その追加出費分を支払うケースが多い」(西村琢社長)といったように、経済的な波及効果が大きいのも体験ギフトの特徴だ。

 先行している欧州では、売上高が数百億円に達する企業も出現している。「コト消費」の進展を踏まえると、日本市場の潜在需要も大きいとみられ、さらなる攻勢をかけていく。

前のページへ 1|2       

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆